稼働日記〜番長2 ゾーン狙い〜


 

今回はホールをうろうろしていたところ

ちょうどいい押忍!番長2を見つけたので

ゾーン狙いをしてみました。


 

発見した番長2は、前回のボーナスが

200ゲーム代であり

拾った時点でのゲーム数が180くらい。

 

つまり、モードAの200G〜ゾーンを狙っています。

まずは、投資3kでチャンス目から赤7BIG

ゾーン狙いなのに早々とレア役で当たったが

これがあるのもゾーン狙いの醍醐味だと思います。

このボーナスは90ゲームでした。

 

続いて、54ゲームでゲーム数解除の赤7

このボーナス中は、強チェやらなんやら

これでもかというほどレア役を引きました。

継続は90ゲームで、パンダも倒して

頂RUSHに突入!!

まぁこれは普通に50ゲームで終了

 

そのあと、100ゲームちょっとまで打って

滞在モードを確認してやめようと思ったんですが

レア役とか引いて前兆がよくわからない感じに

なってしまったので、もうちょっと回してみました。

 

198Gで強チェリーから赤7

これが150G継続

ボーナスがここまで続いたのは初めてかも?w

 

そのボーナス消化後、68ゲームに赤7青7

今度は弁当箱解除っぽい感じで

これが60ゲームでした。

 

このボーナスを最後に、今度はちゃんと

モードAであることを確認してやめました。

 

というわけで結果は

投資3k 回収8k  +3000円

 

 

なんかスロットて、5号機になってARTが出てきて

運の要素がかなり強くなったと思います。

 

そもそも4号機の頃って、ちゃんと知識さえ

持ってさえいれば、期待値プラスの台が

データ機だけで判断できました。

 

極端な話、ずっとパチンコ店でうろうろしながら

期待値プラスの台だけに手を出していけば

基本的に負けないわけです。

設定が低くてもハイエナ可能なので

ぼったくり店でも勝てたりするわけです。

 

実際こういう立ち回りをしていた人はたくさんいたし

僕自身もかなりやってました。

 

でも5号機になってからは

基本的に高設定を打つ必要が出てきました。

そうすると、データ機だけの情報では

期待値の判断が難しく

打ってみないと分からないという状態が発生します。

 

それでも初期の頃はボーナス確率での判別が

可能だったので、設定高低の目安はデータ機から

推測できました。

 

しかし、現在のようにART機メインだと

今度はそれも難しくなります。

 

そもそも1日打って設定が判別困難な機種も

けっこうあるので

立ち回りで高設定を掴むのも難しくなっています。

 

そして1番の問題として

店側が高設定を使わなくなったと感じます。

まあイベントの規制とか色々あるので

流れとしては当然かもしれません。

 

なんか長々と書いてしまいましたが

何が言いたいかというと

もっとゾーン狙いとか、ハイエナできるような

機種が発売されればいいな〜と最近思ってるんです。

 

なんかどんどん打ち手にフリな状況に

なっていってるような気がします。

まぁまだまだ勝てない状況ではないので

もっと奮闘していきますが・・・
無料練習は最新機種が楽しめるオンラインホールがオススメ!

にほんブログ村 スロットブログ スロプロへ 人気ブログランキングへ
更新情報つぶやきます



Posted in 機種別の立ち回り術, 稼動日記

2 Responses to “稼働日記〜番長2 ゾーン狙い〜”

  • 匿名 より:

    弁当で赤7とかあるんですか??

  • テルビス より:

    匿名さん

    赤7になってますね。すみません打ち間違いです。
    実際に引いたのは青7になります。

    ご指摘ありがとうございます!


コメントを残す


Powered by WordPress. Designed by Försäkra Online.