中級編 ~初ホールでの台選び~


今日は友達にオススメされたスロット専門店に行ってきました。


最近よく初めてのお店に行くので、初ホールで狙い台を

決めるまでの流れをまとめてみました。

 

今日行ったのはそこそこ大型のスロット専門店。

入店して一番最初にチェックしたのは客付きでした。

 

特にデータ機は意識せず、まずは店内をぐる~っと回って

客付きを見ます。特に、新台と人気機種には注目です。

少なすぎるのはもちろんダメですが、多すぎるのもよくないです。

 

これは、単に立ち回りがしにくいというのもありますが

人気機種が全部埋まってる店は、設定6を使ってない傾向アリです。

 

新台が出て数日間は別ですが、基本的に全台埋まるような機種は

中間設定がまんべんなく使われています。

中間設定をまんべんなく入れてしまうと

店側に設定6を入れる余裕がなくなってしまうんですね。

なので、客付きがよすぎるのもNGになります。

だいたい8割くらいまでがいいんじゃないでしょうか。

 

客付きをざっとチェックしたら、次に機種を絞って

データ機をチェックしていきます。

 

そのとき対象にするのは、高設定が入る可能性が高く

なおかつ機械割が110%を超える機種にします。

 

ホールの中で「この機種はまず設定入れてないだろ」ていうの

ありますよね。そういった機種は除外します。

 

機械割についても、設定6で機械割110%ない機種は

現状わざわざ設定判別するメリットが少ないので除外です。

 

そうして機種を絞り込んだ上で、データ機をチェックしながら

情報を読み取っていきます。

ちなみに私の場合、この時点では歩きながら見えるデータしか

チェックしません。履歴ボタンを押さないと出てこないような

何日も前のデータまで見ると大変なので。

ここでは、過去に高設定らしい数字の付いた台があるかどうか

だけわかればOKです。

 

ここまでで高設定の入りそうな機種がわかれば

今度はその機種のシマをチェックします。

見るべきものは設定の入れ方です。

 

・上げが多ければどのくらいの数字から上げられているか

・据え置きが多ければ何日据え置かれるのか

・設定変更の基準はボーナス数と回転数どっちが基準になっているか

・角台と中央台で何か傾向に違いがあるか

 

等々です。一番頭を使うところであり、必要であれば履歴ボタンも押します。

狙い機種だけで傾向が読めなければ、似たスペックの異機種シマを

チェックしたりもします。

 

知らないお店に入店してから狙い台を決めるまで

私はこんな流れで動いています。

あとは、台選び段階の自信の大きさによって、判別ゲーム数を

短くおさえたり、逆に粘ってみたりといった具合です。

ルパン三世 GREAT CHASE クリックプロモーション

にほんブログ村 スロットブログ スロプロへ 人気ブログランキングへ
更新情報つぶやきます



Posted in スロット教室 ~中級編~


コメントを残す


Powered by WordPress. Designed by Försäkra Online.