中級編 ~パチンコ店の選び方②~


 

私がスロプーとして活動し始めた大学入学時

全く知らない土地にいきなり引っ越してきたので

周辺のお店をぐるぐる周って下見をしていました。


 

そのときに見つけた有望なお店は2つあり

結果としてその2店舗を軸に立ち回りをすることとなります。

 

最も、その頃はゾーン狙い、天井狙いなんかが主流だったので

他の店にも頻繁に行っていましたが。。。

 

しかし立ち回りの基盤は間違いなくその2店舗で

それぞれ違った特徴があったのです。

 

①のお店は、毎日5機種くらいに最低2台 設定6が入り

なおかつ夜遅い時間にその台を発表してくれる(今は発表NGですが)

ガセ等もなくメリハリのある営業をしていたが、お客のレベルも

すこぶる高いお店でした。

 

②の店は、月に2,3回 人気があって機械割もミドルくらいの

機種にしか設定6が入らないお店。中間設定をふんだんに使って

平均設定が高くなっている。

また、駅から近かったこともあり客層は甘めの店でした。

 

さて、セオリー通りに攻めるなら①の設定6が毎日入っている

お店のほうがいいわけになるのですが

入門編 ~パチンコ店の選び方~でも書いたように

実際の立ち回りでは自分が高設定を掴みやすいお店

選択することも必要です。

 

 

今回の場合で言うと、①の設定6が毎日入っているお店は

先述したようにお客さんのレベルが高い。

プロに近いような常連さんもついていました。

そんな状況で、いきなり現れた私がホイホイと

設定6を掴むのは難しかったのです。

しかも、メリハリ営業スタイルだったので中間設定はほとんどなく

狙いは外れたけど設定4はあるな。なんてことは起こらない。。。

何度も通ってクセが見えてくるまでは正直手を出しにくいお店でした。

 

逆に②のお店は、客層は甘めで設定4,5なら

そこそこ使われている。ついでに客層の甘さ故に

ゾーン狙いなんかがしやすいという特徴がありました。

このお店の場合は、設定6を期待できない代わりに

設定4,5を掴むのはそんなに難しくない、結果として

期待値の高い台を多く打てるという考え方ができます。

 

私はこの2店舗を状況によって使い分けていました。

今思えばかなり恵まれた環境だった・・・笑

 

そんなわけで設定6狙いだけが立ち回りではない

ということも頭の片隅にいれて実践してみてください。

にほんブログ村 スロットブログ スロプロへ
にほんブログ村


Posted in スロット教室 ~中級編~


コメントを残す


Powered by WordPress. Designed by Försäkra Online.