中級編〜お盆の立ち回り術その2〜


 

前回の記事に引き続き

お盆のスロット立ち回り方について。


 

今回から具体的な立ち回り方に触れていきます。

 

前回書いたように、サラリーマンなど時間に縛られている人は

一日稼働できるのがこういった休日になります。

 

なので、スタンスとしては朝一からの高設定狙いをするべきです。

期待値を稼げるだけ稼いでしまおうということですね。

 

では、平日と休日ではどんな違いがあるでしょうか。

 

平均設定の違いなど色々ありますが、一番大きいのは

客層の違いだと思っています。

 

どういうことかといいますと、平日の朝から

パチンコ店に行くのは、時間がたっぷりある人か

それ自体を職業としているいわゆるプロの人が多いです。

 

そして、優良店であればあるほどプロの比率は高くなります。

 

これに対して、休日はどうでしょうか。

まず、お客さんの数自体が多くなりますね。

休日なので当然なのですが、ここで増えたお客さんは

大抵が立ち回り等を意識していないマイナス収支の人です。

 

言い方が悪いかもですが、こういったレベルの低いお客さんが

増えるのは、ちゃんと立ち回っている人にとって

プラス要素になります。

 

店全体の回転数が上がって状況が見えやすくなることに加え

高設定台が普通に捨てられていたりします。

 

つまり、2台目3台目の台選びが楽になるのです。

なので、煩わしい駆け引きなしで1台目に専念しても

失敗したときに次の台がなくなるリスクは低いです。

 

平日だと急いで判別しなきゃいけない状況とか発生しますからね。。。

 

逆に注意しなければならない点もあります。

それは、ART機で見た目の出玉に

騙されないようにすることです。

 

設定不問でドル箱何箱分も出玉があったりしますが

お客さんの多い休日はそういった台も多くなります。

それだけを見て高設定と判断しないようにしましょう。

 

さて、先ほど高設定台が普通に捨てられていたりすると

書きましたが、ここで本当に高設定を掴める可能性を

簡単にあげる方法があります。

 

それは、日頃からの観測でも前日の下見でもいいのですが

高設定台が入る機種を予想しておくことです

最悪は当日データ機から予想するのもアリです。

 

あなたが1台目の狙いを外してホールを回っていたときに

回転数は少ないがその時点で高設定が期待できる台があったとします。

そして、そのシマで出ているのはこの1台だけです。

 

このシチュエーション、高設定台が入りそうな機種なら

かなり期待できますが、逆に普段設定の入っていない機種であれば

大抵の場合は偶然高設定の挙動を見せているだけです。

 

多くのお客さんはどの機種に高設定が入るのか

知らないので、こういう台に飛びつくか、完全スルーするかのどっちかです。

 

しかし、予想だけでも立てておくと判断は全然簡単になります。

高設定が入りそうな機種のデータ機をチェックするだけですからね

 

これ、大してテマがかからないのに

休日はけっこう使える方法です。

 

やってない方はこの盆休みで是非試してみてください。

にほんブログ村 スロットブログ スロプロへ 人気ブログランキングへ
更新情報つぶやきます



Posted in スロット教室 ~中級編~


コメントを残す


Powered by WordPress. Designed by Försäkra Online.