パチンコ・スロット業界の規制と店選びのこれから


 

普段からお店に通っている人ならわかると思いますが

いま、パチンコ・スロット業界は色々な規制に縛られています。

設定の告知ができなくなったのは

もうずいぶん前のことですが、お店はその後も

工夫して高設定台を示唆していました。

「おすすめ台」とか「鉄板台」と書かれた札が刺さっていたり

メールでお知らせが来ることはあったと思います。

 

しかし、現在はそういった設定を示唆する表現も

規制されてしまいました。

取り締まりの基準が異なるためか、地域によって

程度に差があるのが実情ですが、基本的にはNGとされています。

 

また、イベントについてもかなり規制が強くなりました。

使ってはいけない言葉などが多岐にわたって決められており

その中にはなんと「イベント」という言葉も入っているのです。

 

つまり、大々的に宣伝してイベントを開催することは

実質不可能になりました。

 

まぁそれっぽく広告をうっている店もあるので

現在はちょうど微妙なラインの探り合い、過渡期なのかなと思います。

 

これ以外にも、店員が換金所の場所を教えてくれない

目押しをしてくれない

こういった事象も規制によるものです。

 

このように規制がどんどん強化されていくことは

我々打ち手にとっても悪いばかりのように感じられます。

 

しかし、必ずしもそうとはいえない状況が生まれてくるのでは

ないかと私は予想しております。

 

例えば、ジャグラーのシマにはお年寄りがたくさんいますが

この人たちはだいたい目押しできません。

なので、多くの人は店員さんに目押しをお願いするわけですが

現在それはできなくなりました。

(リズムを取ってあげたりと工夫はしていますが)

店員さんが目押しできないということは、基本的には

自分でボーナス図柄を揃えなければいけません。

しかし、当然スパッと揃えられないので、無駄に数ゲーム

消化する人が大量発生するでしょう。

そうすると、そのぶん実質的な機械割が低下することになります。

それを受けて、ラッキーと思うお店と、設定をあげて還元しようとするお店の

2通りが出てくることが予想されるのです。

 

イベントについて考えてみても、現在の状況では

大々的な宣伝ができるのは新台導入のタイミングくらいです。

そうなると、人を集めて回収しようとするお店と

お客さんに還元するお店の2通りが出てくると思います。

 

つまり、今後の展望としては、優良店とそうでない店の

差が大きくなっていくのではないでしょうか。

 

これは、ちゃんと考えて立ち回りをしている人にとっては

大きなメリットです。いい店がわかりやすくなりますからね。

 

このブログを見てくれている皆さんは、立ち回りに

少なからず自分なりの根拠を持っていると思います。

 

今後は、よりいっそう店選びに重点を置いて

優良店を見極めるようにしてください。

業界は辛い状況ですが、頑張っていきましょう!

応援おねがいします。

にほんブログ村 スロットブログへ
にほんブログ村



Posted in スロットぼやき


コメントを残す


Powered by WordPress. Designed by Försäkra Online.