ギャンブルでお金の制限を掛けたら勝てないよ!


 

パチンコ店近くの飲食店なんかに行くと

パチンコやパチスロの話をしている人を

けっこう見かけますが、聞き耳を立てていると

「この人はギャンブル向いてないな~」

と思うことが頻繁にあります。

 

よく「あの人は1万円以上使わないから偉い」

「使うお金を制限してるから継続的に勝てる」

みたいな事を言ってるんですね。

 

ハッキリ言いますが。これはタブーで

ギャンブルするうえでは大間違いです。

 

基本的にギャンブルというのは

確率論の世界ですが、サイコロ振って

何の目が出るかみたいな

完全な運否天賦でない限りは

確率の部分をいかに理詰めで

減らしていくか、という戦い方になります。

 

適当に店を選んで適当な台に座れば

勝てるかどうかは完全に運の問題ですが

優良店を選び、朝から並んで狙い台に座り

高設定を掴めば、確率の部分をどんどん

減らしていくことができるんですね。

とはいえ、設定6でも負けることはあるし

釘の良い台でも出ないことはあります。

ただ、背負うリスクをかなり少なくして

リターンを最大化できるわけです。

 

話を戻しますが、ギャンブルで

1万円以上使わない人は、このチャンスを

逃してしまう可能性が非常に高いんですね。

 

基本戦略は、いかに確率(運)の部分を

少なくして、自分にとって有利な場面を

長く作るか、ということに尽きます。

 

つまり、無謀な投資をするのは

言うまでもなくNGですが、パチンコで

釘の良い台に出会ったり、スロットで

高設定を掴んだと判断したときには

5万でも10万でも、金額に上限なく

突っ込まなければならないのです。

もし1万円に制限して、良い条件を

自ら捨ててしまうと、ギャンブルの

勝ち方の絶対的セオリーから

外れてしまうんですね。

 

要するに、長期的に見たときに

期待値の高い状態では

できるだけ稼働数を伸ばし、期待値の

低い状態ではできるだけ稼働数を減らす。

これが鉄則です。

 

なので、期待値が高い状態で

お金に制限を掛けて突っ込めない人は

良い状態の稼働数を稼げないので

ギャンブルでは勝てないんですよ。

 

お金を使わなければならないときは

例えストレートに5万飲まれても

投資を続けるべきです。

 


Posted in スロットぼやき, スロット教室 ~中級編~


コメントを残す


Powered by WordPress. Designed by Försäkra Online.