生活保護でパチンコができなくなる条例提案へ


 

兵庫県の小野市で、生活保護費や

児童扶養手当の使用を制限する条例が提案されそうです。


同市で提案されそうな独自条例は

先に挙げた生活保護費などを

パチンコなどで生活が維持できなくなるまで

浪費することを禁止する

という内容です。

 

小野市によると、条例案には、受給者の責務として

「パチンコ・競輪・競馬などに浪費し、生活が

維持できなくなる事態を招いてはいけない」

と具体的に明記されています。

 

市民が不正受給や浪費を見つけた場合は

速やかな情報提供を求めており

不正は警察官OBが調査するそうです。

 

基本的に罰則はなく、改善を目指すという形ですが

改善されなければ最終的には

支給を辞める方針になっています。

 

ん〜これってどうなんでしょうね。

まず、生活保護費を、生活が維持できなくなるまで

パチンコなどで浪費するという記述が変です。

 

そもそも生活保護は、その地域毎に

これだけあれば最低限の文化的な生活ができる

という根拠で支給額が決められています。

 

なので、そもそも少しでもパチンコに使っている時点で

生活が維持できなくならないとおかしいわけです。

 

また、不正は警察官OBが調査するとあります。

何で警察官OB?

 

また生活保護の浪費を調査するための

警察官OBによる団体とかができて

新しい利権が誕生しそうな予感です。

 

大した仕事もしないのに

他からの参入ができず

天下りの温床になるんじゃないかと・・・

 

更に、浪費が改善されなければ

最終的には支給を辞めるとか言ってますが

生活保護はセーフティーネットです。

 

ホントに支給を辞めて生活が困難になり

ホームレスが増えたり、最悪の場合は

支給のストップが原因で死んじゃうかもしれない。

 

そんなリスクを背負ってまで

ホントに支給をストップできるのか。。。

 

というわけで、生活保護とか児童扶養手当を

パチンコに浪費するのは当然よろしくないですが

今回小野市で提案されつつあるこの条例は

あんまり賛成できないなーと思っています。

 

無料練習は最新機種が楽しめるオンラインホールがオススメ!

にほんブログ村 スロットブログ スロプロへ 人気ブログランキングへ



Posted in スロットぼやき


コメントを残す


Powered by WordPress. Designed by Försäkra Online.